FAQ

よくあるご質問

FAQ –GRLデリバリー準拠試験ソフトウェアとUSB Type-Cテストコントローラー

GRL-USB-PDソフトウェアにおいて、ユーザーは手動のマウスクリックが必要なポップアップウィンドウ(特に、スコープキャプチャーが正しく見えるかどうか尋ねるもの)を無効にできますか?もしできるのであれば、どうようにするのですか?できれば、一度の“go”でソフトウェアにすべてのテストを終わらせたいのですが。ソースとシンクモードの電流プローブの反転で、これが可能かどうか分かりません。

  • [GRL] テストの一連の正しい手順を確実にするために、ユーザーがクリックする必要のあるダイアログボックスの数を減らす作業を行っています。現在、ユーザーの介入が必要なダイアログボックスは、少なくなっています。将来的にユーザー介入を減らす、もしくはなくすよう努力していきたいと思っております。

 

電流プローブをどの方向に接続するべきか、どうのように判断すればよいでしょうか?また、それは問題になるのでしょうか?矢印が同じ方向を指している状態で操作を始めました。操作中、ソフトウェアが”same“や”opposite“を促してくるのに気が付きました。

  • [GRL] 電流プローブが接続されている方向は、現在の波形の正しい極性を保証するために重要です。ユーザーは以下の図が現れると、方向を変えるように促されます。上の矢印の‘Current’ loopは、GRl-USB-PD-C1ユニットの前にでる電流ループを表します。下の矢印は、電流のフローの方向を示す電流プローブの矢印を表します。ダイアログボックスの“OK”を押す前に、電流プローブの矢印が図の下の矢印に一致していることを確認してください。
  • FAQ01

    図1: ソーステスト-電流プローブは電流ループの方向と反対になるべきである。

    FAQ02

    図2: シンクテスト-電流プローブは電流ループと同じ方向であるべきである。

     

ベンダーのテキストファイルがGet Capabilitiesファイルとミスマッチが発生している場合、どうなりますか?GRLのソフトウェアはどのように問題解決しますか?

  • [GRL] ベンダーは正しい値でベンダーインフォメーションファイルを提供しなくてはなりません。ベンダーのインフォメーションとGet Capabilitiesファンクションから得られた値にミスマッチがあると、テストは失敗する可能性があります。テスト報告書では、Device Info CapabilitiesのテーブルはGet Capabilitiesで得られたフィールドバリューとベンダーインフォメーションから読み取られたバリューの差を示しています。いかなる違いにおいても、ベンダーインフォメーションファイルはDevice Info Capabilitiesテーブルに表示されるように修正されなければなりません。最新のベンダーインフォメーションファイル・ジェネレーターは、以下ウェブサイトのUSB-IFにて利用可能です。 

    http://www.usb.org/developers/tools/VendorInfoFileGenerator_v1.0.0.1.zipGRLはVIFジェネレーターツールへの変更をトラッキングし、’Get Capabilities’性能の一部としてミスマッチを検証します。

 

ホストが、USB-PDのための特別なドライバー(redstone1)をもつWin 10 OSをブーストする必要があると表示されます。このホストOSの依存性を認識されていますか?認識されているこのWindows OSの依存性に対して、何か手段はありますか?

  •  [GRL] 現在のソフトウェアドライバーは、オペレーティングシステムの種類によります。ドライバーに問題が起こった場合、 support@graniteriverlabs.comまでご連絡ください。

メインコントロールウィンドウからテスト施行をいったん停止するメカニズムはありますか?

  • [GRL] いまの時点では、そういった機能はソフトウェア内には入っておりません。

試験を実行中、ポートからタイプCケーブルを抜いて、PDコントローラーのパワーサイクルを実施するように促されました。これは何故ですか?

  • [GRL] GRL-USB-PD-C1のコントローラーは、DUTを正しく認識するためにしばしばリセットが必要になります。これらのメッセージは、SWのバージョン1.2.3では大幅に削減されていますが、いくつかのテスト中には必要となります。

ケーブルを反転してつなげた時、接続は確認することができるので、テスターが何らかの理由で(もしくは、ドーターボード上で固定されたプローブピンにより)適切なCCピンを見つけることができなかったのでしょうか?

  • [GRL] Get Capabilitiesを行うとき、CCがCC1やCC2にどの方向でつながっているのかは、問題にはなりません。しかし、CCライン上の波形を補足するとき、CCシグナルをキャプチャーするプローブは、CCシグナルがアクティブであるピン上になければいけません。CC1のプロービング中正しいCCコミュニケーションが確認できない場合、ケーブルをフリップするか、CC2をプローブしてみて下さい。

スコープ自体を使わずに、R&S binをcsvファイルに変換するスタンドアローンのアプリケーションはありますか?

  •  [GRL] スコープ波形ファイルをcsvフォーマットに変換するスタンドアローンのアプリケーションはございません。波形はスコープから.csvとして保存されなければなりません。csvでの保存方法については、ベンダーにお問い合わせください。

 

スコープにインストールされている現在のSWバージョンが、最新版であるかどうかチェックする方法はありますか?

  • [GRL] 現在リリースされているバージョンは、graniteriverlabs.com/usb-pd Support page に記載されております。新しいアップデートが利用可能になりましたら、お客さまにはEmailでお知らせしております。

Controller Configuration Utilityのメニューに関して、Configureタブにおいてリクエストメッセージがいつも1にセットされたGiveback bitを用いて設定します。0にセットしたGiveback bitでリクエストコマンドを送ることはできますか?わたしのUUTはセットしたGiveback bitでのリクエストを受け付けることができません。

  •  [GRL] Configureタブの’Clear GiveBack Flag’は、Give Back Flag bitを0にセットすることができます。

 

What eLoads does GRL Support with their GRL-USB-PD/C1 Solution?

 

Do probing adapters in GRL’s USB-PD presentation come with the GRL-USB-PD-C1 Type-C Test Controller?

  • [GRL] Yes, the EXT-1 and EXT-2 Boards that plug into are included in the GRL-USB-PD-C1. Refer to Appendix A (Section 7) of the MOI and User Guide for included accessories.

 

Do power delivery coupon adapters shown in GRL’s USB-PD presentation come with the GRL-USB-PD-C1 Type-C Test Controller?

  • [GRL] No, Power Delivery Coupons that provide a ‘pass-through’ of the Type-C Connector and break out the low speed signals from the Type-C connector are not included in the GRL-USB-PD-C1 product. Power Delivery Coupons are available from:http://www.wilder-tech.com/usb-typ-c-pd.htm

 

Does the software have a separate mask for far end Testing?

  • [GRL] In all cases we currently test to the Tx masks with no load on Vbus. The lower amplitudes on the Rx mask in the spec assume worst case loading on the DUT. In order to do this test, we’d need to reference the ground of the measurement (scope ground) to the ground at the near end and make the far
    end eye measurement while Sinking load current out of the DUT. For compliance testing we use Tx mask only.

 

Electronic Loads not getting detected with Tektronix VISA.

  • [GRL]
    Please refer to section “Tektronix VISA Configuration and eLoad Detection” in the document “C:\GRL\Documents\GRL USB Type-C Power Delivery and Alt Mode Test Method of Implementation (MOI) and User Guide.pdf” to do the required configuration.

 

Will there be any near term changes to PD spec, and if there are, how will GRL handle this? Will we get assurance that the software will be updated accordingly (and for free vs a charge)?

  • [GRL]
    Not PD 2.0 CTS (Test Plan). There is a USB PD 3.0 CTS under development, but testers supporting
    this (including GRL) will not be available until Q3 of 2017. So if customers are testing PD2.0 Designs, they should purchase Solution now and not worry about major changes in 2.0 CTS.

 

What is the lead time for PD controller?

  • [GRL]
    In Stock, we can fulfill an order placed today in a few days.

 

Why is PD coupon now optional? (PD coupons are now part of GRL USB PD controller)

 

Within the GRL SW, can different profiles be created and recalled to test different products (e.g. with different voltage levels)?. Is SW flexible to be able to change limits (e.g stricter than the specification)?

  • [GRL]
    The DUT Profiles (Different Voltage Levels) are determined by doing a ‘Get Capabilities’ with from the DUT, combination of DUT Capabilities and Type of DUT defines the Test List to be tested. Tests are done on a Pass/Fail Basis as defined in the spec and a report is generated. If there are Failures, you can go back and re-test failures against spec limits. Currently we don’t have any way to change the limits to be stricter than the Specification, but would be open to accepting more detail on what the customer is looking for. Kindly email your request to support@graniteriverlabs.com

 

Does GRL-USB-PD/C1 Solution Support USB-PD 3.0?

  • [GRL]
    No, USB 3.0 is the latest spec, but there is NO CTS or compliance program for 3.0 – look for these later 2017. Contact info@graniteriverlabs.com to learn about GRL plans to support USB-PD 3.0 and how to get your current USB PD 3.0 design tested. GRL Lab testing for USB PD 3.0 may be an option before Complete USB PD 3.0 Solutions are available.

 

What is the latest Revision of the USB-PD 2.0 Specification and CTS (Test Plan) used for Certification?

  • [GRL]
    The current USB PD compliance program addresses the 2.0 version of the PD specification. The Compliance Plan itself happens to be Revision 1.0 Version 2.

 

What are the Compliance Test Program requirements to get a USB PD 2.0 device Certified and how does GRL-USB-PD/C1 address these requirements?

  • [GRL]
    For USB PD 2.0, there are two MOIs (Methods of Implementation) that support the USB PD 2.0 compliance plan:
     

    • GRL’s solution is used to perform the Communications Engine MOI
    • Ellisys solution is used to perform the Deterministic Engine MOI
    • Both MOI’s are required to test for USB PD compliance.

    There is a table in Chapter 12 of the Compliance Plan that maps test requirements to the two MOIs. GRL (Communications MOI) supports all required test items. Ellisys (Deterministic MOI) does not.