Overview & Features

Thunderbolt デザイン上での 迅速で信頼性の高いリターンロステスト

概要

  • ボタン一つで Thunderbolt Return Lossをテスト
  • 迅速なテストの実施で一貫したリターンロスを実現
  • Tenliraベースの uController経由でThunderbolt DUTをコントロール

詳細

GRLの Thunderbolt リターンロステストソフトウェア (GRL-TBT-ENA) は、お客様の Keysight E5071C ENAを使用して、Thunderbolt スペックの必要事項ごとに、Thunderbolt のホストやデバイスのリターンロスを シンプルで効率的な方法で自動テストいたします。 GRL-TBT-ENAは、すべてのWindows 7 または Windows 8ベースの PC、 the E5071C ENA上で作動します。

GRL-TBT-ENA は、Thunderbolt Host/Device、 PortA & PortB テスト用の DUT接続、キャリブレーション、テスト実施のためのステップバイステップのテストガイダンスをご提供します。テストパラメータとパス/フェイルリミットは、Thunderbolt compliance test Method of Implementation (MOI)に従って自動的にセットアップされます。GRL-TBT-ENAは、包括的なテストレポートを作成し、テストエンジニアの作業負担や作業時間を減らします。

主な特徴

ご利用可能な機能

 

  • GRLの Method of Implementation (MOI)とKeysight E5071C ENA Series ネットワークアナライザの使用により、Thunderbolt リターンロステストを自動化
  •  シングルセッションで ホスト/デバイス、 PortA および PortB テストを自動化
  • DUT コントロール用Tenliraベースの uControllerを自動化
  • シンプルなセットアップ、テスト実施、.pdf または .csv フォーマットでのレポート作成
  • カスタマイズ可能なストレステスト (GRL KayaQ™ General Test Automation Framework licenseが必要です)