Overview & Features

概要と特徴

DisplayPort 1.4 PHY およびLinkをリアルタイムでバグ解析

 

詳細

GRLの DisplayPort (DP) 1.4 プロトコルデコード自動ソフトウェアは、オシロスコープベースのDPリンクレイヤー/プロトコル解析と 1から4レーンのDPデザインのバグ解析に利用できる唯一のツールであり、初期デザインの問題を迅速に解決いたします。GRLのソリューションは、リーディングベンダーの高性能リアルタイムオシロスコーププラットフォームに対応しており、DisplayPort 1.4デザインのバグ解析における従来のオシロスコープの使用制限を克服するだけでなく、時間を節約し、時間相関のあるフィジカルレイヤーシグナルと共に プロトコルレベルで DisplayPortのマイクロパケットを見ることにより、エラーの削減を可能にします。GRL-DP-DECは、タイミングやシグナルインテグリティによって起こるDisplayPort 1.4のプロトコル問題を 迅速に解決するのに役立ちます。GRL-DP-DECは、開発者がリアルタイムスコープ上で マルチストリームトランスポート(MST)トラフィックをデコードすることができる唯一のツールです。MSTは、ひとつのDisplay-Portアウトプットから 複数の独立したビデオストリームのストリーミングをすることができます。実施しているMSTは、エレクトリカルとプロトコルの両面において厳しいタイミングバジェットとバンド幅の要求を伴うデザインの問題を引き起こしますが、GRL-DP-DECは、MSTトラフィックキャプチャーと解析の簡単な使用により、これらの問題を解決いたします。

 

主な特徴

  • 主要なDisplayPort リンク処理の詳細な洞察
  • DisplayPort プロトコル、リンク、フィジカルレイヤー間の相関
  • Test DisplayPort ソーストランスミッションに対して DisplayPort シンクをリファレンスとして活用
  • 未処理のMulti-Stream Transport (MST)トラフィックの検分

 

 アプリケーション仕様

対応アプリケーション

  • Keysight Technologies 90000 X-シリーズ、 9000、 および 90000Q シリーズ、および 新型オシロスコープモデル
  • Tektronix MSO/DPO70000 および 新型 Digital & Mixed Signal オシロスコープモデル