Overview & Features

概要&特徴

迅速に PHY CTS1.2bを試験し、DisplayPort 1.2 シンクデザインの電気性能を解析

 

ビデオ概要

詳細

GRLのTektronix BERTScope (GRL-DP-SINK) / AWG7122C (GRL-DP-SINKA) 用 DisplayPort シンクテスト自動化ソフトウェアは、DisplayPort フィジカルレイヤー準拠テストスペック (CTS) version 1.2のジッター耐性必要項目ごとに、DisplayPort Sink (Receiver) デバイスをシンプルで効率よく自動テストします。GRL-DP-SINK アプリケーションは、全ての DisplayPort データレート1.62、 2.7、5.4 Gb/s (RBR, HBR, and HBR2) で、単数または複数レーンの測定を自動化し、全てのWindows 7 または Windows 8 OSベースのPC、オシロスコープ上で作動します。

GRL-DP14-SINK は、テストの間のユーザーとの対話処理の必要性をなくし、DisplayPort 1.2b PHY CTS シンク準拠テスト用のストレスシグナルコンディションを作るために、BERTScope とリアルタイムスコープ間の自動キャリブレーションを可能にします。

GRLの独自のDDJ (ISI) キャリブレーションの特徴として、固定されたISIボードの必要性をなくし、セットアップ (Long Channel、Short Channel、 No Channel など)の変更なしに複数のテストのサポートが可能であることがあげられます。GRL-DP12SINK-TEK は、Tektronix BertScope DPP125C + LE320 Variable ISIおよび Artek CLE1000-A1 Low Frequency Variable ISIを含む 複数のVariable ISIハードウェアソリューションをサポートしています。

GRL-DP-SINK と AUX チャンネルコントローラー (Tektronix DisplayPort DP-AUX または Unigraf DPT-200 Reference Source with AUX Control) の併用で、リンクトレーニングやBER 検証の自動化も可能です。

主な特徴

  • Tektronixのテスト機器を使用してVESA Method of Implementation (MOI) を自動化
  • ボタン一つでDisplayPort 1.2 シンクジッター耐性&マージンテストを実施
  • 速いキャリブレーションとテスト実施による首尾一貫した結果
  • 業界で認められたキャリブレーション方法を使用し、テクニカルリスクを軽減
  • 独自のDDJ (ISI)キャリブレーションにより、 固定された ISIボードの必要性を排除

 

 

アプリケーション仕様

このアプリケーションは、 全てのTektronix BERTScope™ BSA モデル (8Gb/s or above)に対応し、いかなる Windows 7 PC またはオシロスコープ上でも作動します。