DDRテストプロセス

DDRコンプライアンス試験の進め方  

(1) テスト製品関連情報

受験機準備:

  1. 受験機の製品仕様:レポートに記載する情報をご提供いただきます。。
  2.  DDRデータシートの提供:ピンマップやDDRの試験仕様確認のためにご提供いただきます。

インタポーザについて:DDRのコンプライアンス試験では,信号を取り出すためのインタポーザを実装する必要があります。インタポーザの実装に関しては以下の二つがご選択できます。

  1. お客様が,インタポーザをご準備し実装していただき弊社が計測のみを実施する。スケジュールを重視する場合,こちらを選択していただきます。
  2. 弊社がインタポーザの調達,実装,計測を行う。調達はご発注後に開始いたします。

ご質問がある場合は《GRL》までお問合せください。

(2) テストレポート

DDRテストは、認証試験制度がなく,報告書はGRLが独自に発行するものです。