GRL、USB パワーデリバリー デュアルロールパワー&データループバック出荷検査向けテスターを発表

June 3rd, 2022 by GRL

高出力USB Power Deliveryデバイスの信頼性試験を、時間ベースおよび電流ベースで大量に実施するエンジニアに最適なソリューションです。

 

接続性に関するエンジニアリングサービスとテストソリューションの世界的リーダーであるGranite River Labs(GRL)は、クラスをリードするUSB Power Delivery(USB PD)ベース製品の最新テスト装置、V-DPWR USB PD デュアル ロール パワー テスター(GRL-V-DPWR) を発表します。V-DPWRは、USBデータのループバック試験とともに、1つのUSB-Cポートで、最大100Wまでの負荷と給電を可能にし、ホスト、デバイス、ハブ、パワーバンクなどのUSB Type-C® Dual Role Powerデバイスのハイパワー試験のニーズに対応します。

USB-PDは、USB-Cを使用し、より大きな電力を供給することで、急速充電を可能にする世界共通の規格です。GRLのV-DPWR デュアル ロール パワー テスターは、USB Type-C®/PDホストやデバイスに厳しい試験を行うテストエンジニアのニーズに応え、信頼性や環境チャンバーでの試験、さらには大量生産出荷検査にも対応する理想的なソリューションです。V-DPWRは、1つのUSB-Cポートで100W、VCONN電源負荷では1ポートあたり7.5Wの電力を供給および負荷をかけることができます。さらに、USB2.0およびUSB3.2の5Gbpsまでのデバイスモードでのデータループバック機能をサポートしています。これにより、ユーザーはデバイスにストレスを与えながら、USB PDのテストとデータ通信テストを同時に行うことができます。

 

V-DPWRの強力なインターフェイスソフトウェアおよび、他のシステムとインターフェイス可能なオープンAPIにより、ユーザーはC#、NI Test Stand、Pythonを使用して独自のカスタム テストを構築できます。このため、V-DPWRは既存のワークフローに容易に組み込むことができます。テストは1つのテストケースにつき数秒しかかかりません。またテストサイクルを繰り返す長時間テストにも対応できます。

 

V-DPWRは、パワーバンクやバッテリーの信頼性試験を、時間ベースや電流ベースの充放電サイクルで大量に実施する必要がある製造ラインのエンジニアにとって、効率的な理想のテスターと言えます。

 

GRL のプロトコル&パワーソリューション担当副社長である Rajaraman V は、「GRL は、相互運用性と製造ライン出荷検査向けソリューションラインアップに、 V-DPWR ソリューションを追加できることを誇りに思います」と述べています。「V-DPWR USB PD デュアル ロール パワー&ループバック テスター は、バッテリーパックの性能を試験し、USB PD による充電/放電サイクルを解析することができるので、バッテリーパック、ノートパソコン、携帯電話、タブレットなどあらゆるデバイスの特性評価試験をこの試験装置で行うことができます 」と語っています。

 

V-DPWRは、フロントパネルのLEDでテストの状況が表示されます。また最小限のトレーニングで簡単に使用することができます。試験結果は自動的に保存され、そのデータにアクセスし試験分析を行うことができます。V-DPWRは、卓上型パッケージでありながら、圧倒的なパワーとパフォーマンス、そしてスピードを誇ります。高速で使いやすく、コストパフォーマンスに優れたV-DPWRは、信頼性試験や環境試験、大量生産に最適なソリューションです。

 

V-DPWR  デュアル ロール パワー&ループバック テスターに関する技術的なご質問や正式なお見積もりをご希望の場合はご連絡ください。

 

メディアに関するお問い合わせは、mktg@graniteriverlabs.com までメールでお願いします。