PCIe® 5.0およびDisplayPort 2.0マルチベンダー対応で柔軟性の高いソリューションを拡充

May 17th, 2022 by GRL

ソフトウェア提供により、開発者が選択した試験装置を自由に使用可能

デジタル接続のためのエンジニアリングサービスとテスト自動化ソリューションのグローバルリーダーであるGranite River Labs(GRL)は、製品開発者が単一のソフトウェアプラットフォームを通じてアンリツ、キーサイト、テクトロニクスなどの大手ベンダーのテスト機器を非常に自由に使用できる電気コンプライアンステスト自動化ソフトウェアソリューションの提供を拡大しました。新しいソリューションには、PCI Express® (PCIe®) 5.0アーキテクチャ、以前のPhase Lock Loop (PLL) Bandwidth and Peaking、DisplayPort 2.0 Source and Sinkが含まれています。GRLは現在、単一のソフトウェア自動化プラットフォームを通じて、最も包括的で柔軟な電気的コンプライアンス・テスト・ソリューションのポートフォリオを提供しています。GRLのPCIe 5.0 PLL Bandwidth and Peakingソリューションは、PCIe 5.0コンプライアンステストのためにPCI-SIGによって承認されました。DisplayPort 2.0ソリューションは、VESA(GRL-DP21-SINK-ANおよびGRL-DP21-TX)により承認されつつあります。

従来のコンプライアンス・テスト自動化ソフトウェア・ソリューションは、限られた範囲のテスト機器でのみ動作し、他のプラットフォームで使用する柔軟性はありません。ユーザーは、ソリューションの可用性と品質について試験装置ベンダーに依存し、複数の装置プラットフォームを活用するために複数のソフトウェア・アプリケーションを習得する必要があります。また、試験装置ベンダーは優れた計測器を製造していますが、テストオートメーションソフトウェアを最新の規格に対応させることは常に課題となっています。

GRLGRLの電気コンプライアンステストソリューションは、PCIe 5.0テクノロジーやそれ以前、USB4、USB 3.2、DisplayPort、SASといった最新のデジタル接続規格のトランスミッタおよびレシーバの物理層テストを、ほとんどの高性能オシロスコープや複数のBERTでサポートしています。GRLのソリューションは、テスト機器の組み合わせや、テスト機器ブランド間の選択の自由を可能にすることで、製品開発者の購買力とROIを大幅に向上させます。GRLのソリューションにより、製品開発者は複数のソフトウェアツールセットや限られた予算、購入に関する煩雑な手続きと格闘することなく、製品の検証やデバッグに専念することができるようになります。.

GRLは、主要なテスト機器ベンダーや標準化団体と密接に連携し、堅牢なテストツールやテスト手法を開発しています。GRLのロードマップでは、2022年以降、PCIe 6.0仕様やその他の新しい規格をサポートするために、さらに多くのソリューションがリリースされることが予想されます。

PCIe® 5.0およびDisplayPort 2.0関連企業・団体代表者コメント

「GRLのコンプライアンス・テスト・ソフトウェア自動化ソリューションは、PCI Express規格の普及を促進します。
PCI Expressのエコシステムへの貢献者として、GRLがPCIe 5.0仕様の電気的コンプライアンステストをサポートすることは、我々のメンバーがPCIe仕様に準拠した製品を市場に送り出すのに役立つことでしょう。GRLの今後のPCI Express技術への貢献に期待しています。」
– PCI-SIG® 会長兼社長
Al Yanes

「VESAが新たに設立したDisplayPort UHBR(超高ビットレート)認証プログラムにより、デバイスおよびケーブルメーカーは、DisplayPort 2.0がサポートする高いデータリンクレートをサポートする製品をGRLやその他のDisplayPort認定テストセンターに送り、テストと認証を受けることができるようになりました。GRLが提供するようなUHBRテストソリューションは、DisplayPortエコシステムを発展させ、最新のDisplayPort仕様で実現する高性能なビデオおよびディスプレイ製品の導入を加速させる上で重要な役割を果たします。」
– Video Electronics Standards Association(VESA)
エグゼクティブディレクター
Bill Lempesis

「2014年に最初のマルチベンダーテストソリューションをリリースして以来、GRLは、製品開発者に、コスト効率が高く使いやすい実証済みの自動化ソフトウェアソリューションのメリットを享受しながら、希望するテスト機器を使用する自由度と柔軟性を提供するというビジョンを積極的に追求しています。GRLの新しいPCIe PLLとDisplayPort 2.0テストソリューションは、テスト自動化の力をエンドユーザーの手に委ねる旅の最新ステップです。”ソリューションは、彼らが選ぶ最新のテスト装置で動作し、最新の規格に沿った信頼できるテスト結果を提供するという確信とともに、エンドユーザーの手に委ねられるのです。」
– GRL エンジニアリング担当取締役副社長
高橋幹