シリコンラインとGRLによる超高速HDMI®のアクティブケーブルの認証を発表 

December 16th, 2020 by grladminjp

 ~ より長いケーブルを使用しHDMI 2.1仕様をサポートするために ~

 

 2020年12月15日、ドイツのミュンヘンとカリフォルニア州のサンタクララにおいて、 コンシューマーおよび商用アプリケーション向けの革新的な超低電力光リンク技術のグローバルリーダーであるシリコンライン GmbHと、コネクティビティとHDMIフォーラム認定テストセンターのエンジニアリングサービスとテストソリューションのグローバルリーダーであるGranite River Labs(GRL)は、シリコンラインのHDMI2.1モジュールを搭載したCableMatter®社のアクティブ光ケーブルmodel 300047が、超高速HDMI®ケーブル認証プログラム(UHSプログラム)を取得した最初のアクティブケーブルアセンブリであることを発表しました。HDMI2.1の認証試験は、GRLの台北、台湾の施設で実施されました。

 

 HDMI 2.1仕様では、非圧縮HDMI2.1機能をサポートするために最大48ギガビット/秒の帯域幅をサポートする超高速HDMIケーブルが導入されました。シリコンラインのモジュールでサポートされているようなアクティブ光ケーブルまたは「AOC」は、ケーブルアセンブリ内でイコライザー機能を備えたアクティブ回路コンポーネントを使用し、銅線ではなく光ファイバーを介してデータを転送します。したがって、AOCは、ワイヤーケーブルアセンブリに固有の制限をクリアし、一貫性のある信頼性の高いHDMIパフォーマンスをサポートしながら、低EMIなどのUHSプログラム要件を満たし、より長く、より細く、より軽いケーブルをリビングルームで使用できるようにしました。 AOCは、現在発売されている次世代ゲーム機で要求される高解像度や高フレームレートなど、増え続ける帯域幅要件に対する市場のニーズに対応します。

 

 シリコンライン社のルード・ファン・デル・リンデン最高経営責任者(CEO)は、「CableMaster社は、シリコンラインのHDMI 2.1モジュールを搭載したAOCの超高速HDMIケーブル認証を達成した最初のHDMIケーブルベンダーであり、このマイルストーンを達成するためのGRL社のサポートに感謝しています」。Cable Master社の HDMI  UHS  AOC認定取得には、 台湾の Unixtar によって製造されたHDMI UHS AOCの迅速な展開が重要なマイルストーンでした。シリコンライン独自の超低消費電力モジュールアーキテクチャは、HDMI  UHS AOS専用に設計された専用チップセットと革新的な光学サブアセンブリ(OSA)技術を備えており、外部電源を必要とせず、ケーブルベンダーが最適なコストで認定HDMI UHS AOCを提供できるようにしました。

 HDMIライセンスアドミニストレーターのロブ・トビアス最高経営責任者(CEO)は、「UHSプログラムは、HDMIの採用者と消費者にシームレスな検証体験の利点をもたらします。 アクティブケーブルがHDMIエコシステムにおいて重要な役割を果たすことを期待し、プログラムの開発と拡大に関するHDMIフォーラムにおけるシリコンラインとGRLの大きな貢献を高く評価します。」

「アクティブな超高速HDMI®ケーブルは、消費者に大きな約束を提供しますが、ユニークなデザインとテストの課題も存在します。」と、グラナイトリバーラボの共同創設者兼最高執行責任者のクインティン・アンダーソンは、 「GRLは、この重要な成果をシリコンラインと共有できたことに興奮しており、HDMI 2.1製品の相互運用性と下位互換性を確保するためのHDMIフォーラムATCとしての役割を誇りに思っています。」と述べています。

 

Cable Matters® は、Cable Matters Inc.の登録商標です。

HDMI、HDMI ロゴ、およびHigh-Definition Multimedia Interface は、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing LLC の商標または登録商標です。

 

Granite River Labs(GRL)について

GRLは、コネクティビティとパワーデリバリーに関する世界有数のエンジニアリングサービスおよびテスト自動化ソリューション企業であり、エンジニアが設計と検証の困難な課題を解決するのを支援します。 GRLは、ハードウェア開発者がより速く、より複雑になり、テストが難しくなるにつれて、ハードウェア開発者がデジタルインターフェイステクノロジを実装できるように、手頃な価格のテストサービスを提供するというビジョンから2010年に始まりました。 今日、GRLは世界中のテスト施設とR&Dセンターからの新しいテクノロジーの採用をサポートする何百もの企業と協力しています。

 

HDMI Forum, Inc.について

HDMI Forum, Inc.は非営利の共益団体であり、家庭電化製品、PC、モバイル端末、ケーブル、コンポーネントの世界有数のメーカーで構成されています。オープントレードアソシエーションであるHDMIフォーラムの使命は、業界のより多くの企業がHDMI規格の将来のバージョンの開発に携わるよう促し、HDMI対応製品の互換性とエコシステムをさらに拡大することです。詳細はwww.hdmiforum.orgをご覧ください。

 

シリコンラインGmbHについて

シリコンラインGmbH は、家電、商業、産業用アプリケーション向けに薄型、軽量、長い高速ケーブルを可能にする超低消費電力光リンク技術の世界的リーダーです。同社は、アクティブな光ケーブルのシンプルで低コストで大容量の組み立てを可能にする集積回路とモジュールを開発・製造しています。2005年に設立されたシリコンラインは、ドイツのミュンヘンに拠点を置き、韓国、日本、台湾、中国、米国にオフィスを構えています。

 

メディアコンタクト:
クインティン・アンダーソン
共同創業者兼最高執行責任者
グラナイトリバーラボ
qanderson@graniteriverlabs.com

 

ローザ・チャン
マーケティングマネージャー
シリコンラインGmbH
rosa.chang@silicon-line.com