GRLはDesignCon 2020に参加– 400G PAM4、PCIe 6.0、Delta-Lについての新情報があります。

January 31st, 2020 by grladminjp

Granite River Labs (GRL) は、DesignCon 2020に参加いたします。

 

日時:  2020年1月28(火)-30日(木)動車用アプリケーションに重点を置いた最新のテストソリューションのデモを行います。

  • 112Gb / s PAM4光レシーバーストレステスト(アンリツ&iXblueとのコラボレーション)
  • KIT-DI20 – GRLの20G差動でのDelta-L PCBおよびケーブルSIの特性評価 
  • V-DI20 – 高速ケーブル生産テスタ–包括的、高速、高い費用対効果

Time:        Expo 12:30-6:00pm; PCI Express テクニカルセミナー 1月2日(木)2:00-4:00pm
Location: サンタクララコンベンションセンターブース#1053(Expo
                   Great America 2 (PCIe セミナー)

Expo:GRLは、データセンターおよび自動車用アプリケーションに重点を置いた最新のテストソリューションのデモを行います。

技術セミナー: GRLエンジニアリング、Darren Grayが「PCIe Gen 6とRoad to PAM4」を発表します。 2019年、PCI-SIG®は、PCIExpress®(PCIe®)6.0がPAM-4エンコードを使用してデータレートを64 GT / sに倍増し、NRZシグナリングからの大幅なシフトをマークすると発表しました。 2021年のターゲット仕様のリリースにより、PCIe 6.0はデザインの実装を成功させるための独自の課題をもたらすと予想されます。 Darrenのプレゼンテーションでは、PCI Expressの現在の5.0仕様への進化の概要を説明し、PCIe 6.0で予想されるシグナルインテグリティ関連の設計とテストの課題について電力損失、信号対雑音比、反射、コスト/パフォーマンスなども含め説明いたします。
  • セミナー開催場所と日時: グレートアメリカ2、1月30日(木) 2:o0pm-2:40pm

DesignConは、チップ、ボード、システムの設計エンジニア向けのUS最大のイベントであり、高速通信および半導体コミュニティの何千人もの専門家が集まります。 GRLの専門家がブース1053で対応し、最新の接続性と充電テストのソリューションとサービスについて話し合います。 お会いできるのを楽しみにしています!

Granite River Labs(GRL)について  | http://graniteriverlabs.co.jp

高速インターフェイスのエンジニアリングサービスと自動テストソリューションの世界的リーディング企業であるGRLは、エンジニアが困難なデザインの検証や、その問題を解決するお手伝いをいたします。2010年GRLは、より高速で複雑になり、高度な評価、解析を要するデジタルインターフェイステクノロジー取り扱うハードウェア開発者に、“求めやすい価格のテストサービスの供給”というビジョンのもと設立されました。現在GRLは、世界規模のテスト施設と R&Dセンターで 何百もの企業とともに歩み続けています。

メディアコンタクト:
Vamshi Kandallaヴァムシ・カンダラ
Executive Vice President and General Manager
vkandalla@graniteriverlabs.com
+1-408-627-7608