Technical Leadership

GRLのスタッフは、試験測定の分野や半導体業界で認知されたエキスパートであり、高度な試験、バグ解析やデザインニーズへの取り組みにおいて豊富な経験を誇っています。

Mike Engbretson, Chief Technology Engineer
Mikeは20年間、テクトロニクスにおいてUSB、PCI Express、SATAなどのインターフェイス技術をサポートするテストソリューションの開発に携わり、高速試験の権威として認知されています。また、USB3.0電気認証試験スペックの開発を牽引し、現在DsiplayPort 1.2電気認証試験のスペックエディターでもあります。
Miki Takahashi, Director of Signal Integrity Engineering
高橋はO2Micro、Advanced Chip Express、NECにて半導体IC開発に15年間従事し、近年ではSERDES IP開発およびICのシステムインテグレーションを主導するアナログデザインマネージャーを務めました。高橋はSERDES回路設計・評価、SDインターフェイス(UHS-1、UHS-2)、CFインターフェイス(CFast、XQD)および、JEDEC(DDR、UFS)におけるエキスパートです。現在は、SDカードアソシエーションUHS-TGの議長を務めており、シグナルインテグリティの討議やUHS-II (SD4.0) の試験スペック策定に取り組んでいます。
Steve Bright, Senior Consultant
Steveはテクトロニクスにおいて30年以上勤務し、近年ではシニアアプリケーション・エンジニアを務め、スコープとBERTアプリケーションにおけるウエストリージョンのトップフィールドエンジニアの一人として、さまざまなスタンダード・コミッティやワークショップに参加してきました。Steveは10GbE、PCIe Gen3、USB3.0、6Gb/12Gb SAS、SATA、Display Port、HDMIにおける豊富な専門知識をもっています。
Sandy Chang, Taiwan Technical Director
SandyはJ-MicronとAgilent/HPに14年間在籍し、近年ではシステムデザイン・マネージャーを務めました。SandyはSATA、USB、PCI Express、HDMI、DisplayPort、DDR、およびEthernetの認証試験・特性解析、バグ解析のエキスパートです。
Rajaraman Venkatachalam, Software Architect & GRL India Technical Director
RajaはTektronix、Intel、Prodigy Technovationsに14年以上在籍し、高速インターフェイスのための自動試験装置の開発を主導してきました。Rajaはポストシリコンの解析手法、電気およびプロトコル認証試験装置の開発に豊富な経験をもち、HDMI、MHL、DisplayPort、UniPro、PCI Express、SD、I2C、SPI、UART、MMCにおけるエキスパートです。
Darren W. Gray, Director of Engineering
Darren はシニアアプリケーションエンジニアとしてTeltronix/Synthesys Researchniteに8年以上在籍しました。Darrenはレシーバーテストにおけるエキスパートであり、USB3.0、PCI Express、DisplayPort、およびMIPI M-PHYを含む高速シリアルデータにおける幅広い専門知識を持っています。
Cyan Chen, Engineering Manager, GRL China
CyanはMitac、Flextronix、Jabilにシニア・シグナルインテグリティ・テストエンジニアとして12年勤務し、エンタープライズ・コンピューティング、ネットワーキング、およびストレージシステムの認証試験に従事しました。CyanはPCBインピーダンスやSパラメーター解析に加えて、DDR、PCI Express、SAS、SATA、USB、Ethernetにおける専門知識を持っております。
Kiyoki Sekine, Engineering Manager
関根はOKI、Lucent Technologies、HMS Industrial Networks、XXCALにて通信技術のエンジニアとして、22年勤務し、USB(2.0/3.1/Power Delivery)、RF/DSP(3GPP、WiFi、ZigBee)およびIndustrial Ethernetの専門知識を有しています。また、USB-IFの認定テストエンジニアであり、日本政府よりProfessional Engineer, Japan (IE)の資格を与えられています。
Shibin Veerendrakumar, Senior Engineering Manager
Shibin
Shibinは過去11年間、スタッフエンジニアとしてIntel、Nvidia、Freescale、ST Microelectronicsdに勤務しました。Shibinはポストシリコン検証とプロトコル認証試験に豊富な経験をもち、システムインテグレーション、SOC評価環境立ち上げ、PCIExpress、USB、MIPI、DDR、LPDDR、レーザーダイオードドライバー、ADC&DACにおけるエキスパートです。
Chin Hun YaepSenior Software R&D Engineer
“Chin Hun Yaepは、Agilent、Vitrox、Intelにて、11年以上の自動化試験ソリューションの開発経験をもち、近年ではシニア・ソフトウェアエンジニアを務めました。Chin Hunは、特にDisplayPort、HDMI、MHLトランスミッターテストソリューションの分野における深い専門知識を持っています。
Hermann Ruckerbauer, Senior Signal Integrity Consultant
Hermannは高速信号測定とシュミレーション、特にDRAM関連のインターフェイスにおいて20年以上の経験を持っています。HermannはGRLの以前に、Siemens/Infineonにおいてデザイン分析と いくつかのメモリージェネレーションの試験を行い、QimondaのためにDDR4向け JEDECの信号伝送スペックを定義しました。HermannはDRAMの内部機能、システムアプリケーションへの要求と高速信号、また10G Ethernet、PCI、SATA、USBを含むその他の高速インターフェイススペックにおける特別な専門知識を持っています。Hermannは数多くの特許を保有しており、2005年にはDDRメモリーデバイスにおける「Temperature Dependent Self Refresh」における特許によりInfineonから「Outstanding Signal Patent」として表彰されました。
Ben Chia, Senior Signal Integrity Consultant
BenはRambus、HALComputer Systemsにおいて、高速バスモデリングとシグナルインテグリティの分野で19年勤務しました。Benはシグナルインテグリティ測定・高精度プロービング、DDR2/3と10Gバックプレーンテクノロジーのエキスパートであり、PCB、パッケージ、コネクター、シグナルインテグリティ・チャンネルおよびIBIS AMIモデル開発に使われるSynopsys HSpise、Ansoft HFSS、Agilent ADS、AtaiTecX2Dシグナルインテグリティ・モデリングツールにも精通しています。
Tom PurdySenior Consultant
Tom
TomはAgilent/HPに25年勤務し、アプリケーションエンジニアとして試験装置のサポートに従事しました。TomはHDMI、DisplayPort、MIPIのためのウェスタン・リージョンにおけるアジレント の主要なアプリケーションエンジニアでした。Tomは、顧客にこれらのスタンダードなテスト実行のためのアジレント製品のトレーニングに卓越しています。
Katsuhiro Watanabe, Technical Marketing Manager
Katsuhiro Watanabe
渡辺はTektronixに35年以上勤務し、近年は高速デジタル、RFとビデオ試験・測定のテクニカルマーケティングマネージャーを務めました。渡辺は、高速シリアルインターフェイス、特にビデオとディスプレイインターフェイスの分野で豊かな経験を持ち、HDMIコンプライアンス電気試験スペックの開発に従事しました。